スポンサーリンク

復興を遂げた塩釜に行ってきた。歴史もあり、復興もあり、そこから新しいものができ、、、

仙台の名所

みなさんこんにちはー!

仙台つーしんのあーにゃです。

 

ここまで連日で雨がふってると、いったいいつまでふれるんですかー!と、言いたいでござるー

 

さて、今回は!

 

本塩釜に行ってみたです。(唐突)

僕は普通に本塩釜に行くのではなく、

クロスバイクで友人と行ったのですが、泉区から行くと往復40㌔くらいです。

 

いい感じのサイクリングになると思うので、行ってみるのもいいと思います!

 

 

途中の道で、めちゃくちゃ綺麗なところがあったので、写真を撮りました。

全部お米ですね。今はとても青々としていて、見ているだけで涼しいです。

 

 

そこから数キロですぐ本塩釜なんですが、

ところどころにこんなのがあります。

何千年に一度といわれた大地震ですが、こうして後世に残していくことが大切だと思います。

 

着きました。

画像中央奥に華やかな船があると思うのですが、震災以前はここに沢山あって、

お客さんを乗せて運行していたのですが、津波の影響で船はボロボロになり、修復したらしいですが、今は無いですね。

 

ここら辺のぼうていは、ボロボロになったのですが、とても綺麗に修復されており、ビックリしました。

 

マリンゲートの隣に何か作っていたので、見てみると、避難所らしいです。

 

マリンゲートの屋上?にいた人は、助かったのですが、入口の、津波はここまで来ましたよって言うのと、

自分の身長を比べてみると、ぎりぎり口が出るかな?って感じでした。

津波で体温を奪われて、さらに強い流れがあるので、スグに流れてしまいそーです。

 

震災から復活した塩釜に行ってみてください

 

 

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました