スポンサーリンク

伊達武将隊が中部国際空港に死装束で登場。その理由とは?

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

Twitterでなにやら面白いニュースを見つけたのでお伝えしたいと思います!

1月26日に中部国際空港で全国武将隊大博覧会が開催され、伊達武将隊も参加予定でした。

しかし、その日はご存知の通り仙台では大雪が降りました。そのため、伊達武将隊は大幅に遅刻して参加することとなったのです。

かつて伊達政宗は、豊臣秀吉から小田原に参陣を求めらるも遅れて到着してしまい、政宗は死罪を覚悟して死装束で現れたという逸話があります(詳しくは調べてみてくださいね)。

そのためか、今回の伊達武将隊の遅刻についても「伊達政宗だから仕方ない」「どうせ死装束で来るんでしょ」などという声が上がっていたそうです。

そして伊達武将隊が空港に到着すると、なんと本当に死装束で現れたのです!

そんなまさかの対応に、会場は大いに盛り上がったそうです。大遅刻というピンチを、歴史上の逸話にもじってユーモアに変えてしまう、なんとも粋な計らいですよね!

今まで伊達武将隊のことをあまり知らなかったのですが、なんだか応援したくなってしまいました!

皆さんにも、これをきっかけに興味を持ってもらえたら嬉しいです!

公式HPはコチラから

 

 

 

 

 

 

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました