スポンサーリンク

旧さくら野百貨仙台店解体の一歩か、ビル裏手に足場が設置される

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台駅前西口の再開発の懸案となっている旧さくら野百貨仙台店の解体ですが、解体への一歩とみられる動きが出てきています。

さくら野百貨仙台店の表からはわかりませんが、裏手のビル群を見ると、足場やハシゴが据え付けられてきています。

当然足場は、複数のビルの形状に沿って安全に設営しなければなりません。

面倒な足場工事に着手し始めた事は、ある意味解体への一歩といえるのかもしれません。

さくら野百貨仙台店は増築増設で増床を繰り返した寄せ集めビルであり、少なくとも宮城県沖地震や東日本大震災を経験し、耐震補強はしていてても解体時には、強度調査をして補強をしつつ解体するような細心の注意が求められるのは確かでしょう。

今後の動きに注目したいと思います。

それでは。

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました