スポンサーリンク

仙台市は大雨への警戒を呼び掛け、25日18時頃から一部避難所を開設するそうです。

仙台の話題

仙台つーしんのずんだです。

仙台市は、25日夕方から夜遅くにかけて大雨への警戒を呼び掛けています

宮城県では、低気圧の影響により、25日(金曜日)夕方から夜遅くにかけて、1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となる予想です。

台風第19号による記録的な大雨により、地盤の緩んでいる所や河川堤防等が損傷を受けた地域では、土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒してください。

仙台市では、25日(金曜日)18時頃に、特に土砂災害のおそれが高まっている、青葉区(宮城総合支所管内を除く)、太白区(秋保総合支所管内を除く)、泉区の避難所を開設する予定です。避難情報にご注意の上、適切な避難行動をとっていただくようお願いいたします。

避難情報は、杜の都防災メールや緊急速報メール、危機管理室ツイッター、テレビやラジオ、市ホームページ、避難情報ウェブサイトでお知らせします。

今後の気象情報にも十分ご注意ください。

また、青葉区双葉ケ丘1丁目を「警戒区域」に設定していたようです。

令和元年台風第19号の影響で宅地擁壁を含む斜面崩壊が発生した青葉区双葉ケ丘1丁目地内において、今後大雨等により二次被害が及ぶ恐れがあることから、10月24日に「警戒区域」を設定しました。

詳細は下記からご確認ください。

仙台市危機管理室のTwitterなど、最新情報をご確認ください。

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました