スポンサーリンク

宮城県全域に出されていたインフルエンザ「注意報」が「警報」に変わりました。

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

宮城県の石巻保健所管内において警報発令基準値(定点当たり報告数30人)を超えたことから、12月12日、宮城県全域にインフルエンザ警報が発令されました。

12月5日には宮城県全域にインフルエンザ〝注意報″が発令が出されていました。調べてみると、定点報告数が10人を超えると注意報、30人を超えると警報になるようです。

昨シーズンの宮城県内インフルエンザ警報発令は1月17日。更にその前は1月25日、そして更にその前は1月26日でした。こう見てみると、今年はインフルエンザが流行するのが例年より早いようです。

以前も記事に書きましたが、改めて感染予防対策は次の通り。

【インフルエンザの感染予防対策】
○こまめに手洗いを行いましょう。
○「咳エチケット」を守りましょう。
・咳やくしゃみをする方は,マスクを着用しましょう・
・マスクがないときは,ティッシュで口や鼻を覆いましょう。
・咳やくしゃみなどで手が汚れたときは,手を洗いましょう。
○過労や睡眠不足を避け,栄養と休養を十分にとり,免疫力を高めておきましょう。
○発熱,頭痛,関節痛,咳などの症状がある場合には,医療機関を受診しましょう。

皆様お気をつけて。

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました