スポンサーリンク

昨日の仙台の空には珍しい現象が起きていました。

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

昨日の仙台の空では珍しい現象が起きていました。

空に虹のようなものが出来ているのですが、分かるでしょうか?

これは「環水平アーク」と呼ばれるもので、Wikipediaによると説明は次の通り。

「大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの。水平弧、水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない(Wikipediaより)」

説明を読んでも何のこっちゃという感じですが、とにかく珍しい現象のようです。太陽高度の高い今の時期にしか見られないんだそうですよ。

皆さんはこの「環水平アーク」を見ることができたでしょうか?

見られた人はちょっとラッキーですね。

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました