スポンサーリンク

JR東日本グループの直営店舗などでエコバッグを2020年6月16日以降商品購入者に配布、仙台でも。

いかがお過ごしですか、nittaです。

店舗でのレジ袋の有料化が、来月に迫っています。

JR東日本グループでも、2020年7月1日のプラスチックレジ袋の有料義務化に合わせ、レジ袋削減への理解促進を目的に、グループ会社の直営店舗等においてエコバッグ計50万個を2020年6月16日から順次配布するということです。

「エコバッグ」は、プラスチック製品削減への共通の思いを持つJR東日本、アウトドアメーカーのスノーピーク、および日本環境設計の3社が共同企画・制作したもの。素材にはペットボトルから再生した生地を使用しています。

バッグには、スノーピークのロゴなどが入っており、色はキャメルとカーキの2色。配布場所によって色は異なります。

今回は、プラスチックレジ袋で商品を提供している、JR東日本グループ21社の一部店舗での配布を予定しており、仙台駅では、コンビニ『NewDays』、駅弁屋『駅弁屋祭』などでの配布が見込まれます。

配布時期直前には、配布予定店舗などに以下のような告知ポスターが貼られるとみられます。

恐らく、一定額以上商品をお買い物をされた方限定のプレゼントとなりそうですが、気になる方は注目してみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました