スポンサーリンク

仙台のジョジョバー『cafe & bar W3D』が、2020年7月25日をもって閉店をされていました。

仙台の開店・閉店

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台市若林区出身の漫画家、荒木 飛呂彦さんの漫画・アニメ作品『ジョジョの奇妙な冒険』の仙台の聖地といわれたジョジョバー『cafe & bar W3D(What A Wondaful World)』が、2020年7月25日(土)をもって閉店をされていました。

この作品は、特にジョジョの作品の第4部の舞台となった「杜王町」が仙台市をモデルにしていたこともあり、仙台市民も思入れの強い作品でしょうね。

店舗のあったのは、仙台市青葉区国分町のFL仙台ビルの3階。

ビルの側面。

店舗の入店は予約制でしたね。

 

エレベーター内の店舗案内。

3階に到着。

店舗内では、ジョジョにまつわる様々な話が繰り広げられていたことでしょう…

 

閉店については色々な思いがあるでしょうね…

お店では、コスプレイベントも行われていました。他にも聖地巡礼の店舗はいくつもありますが、やはり寂しいですね。

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました