スポンサーリンク

UFO型信号機がまたひとつ消えてしまうかも・・・

仙台の名所

どうも!仙台つーしんのずんだです!

宮城県内にだけたくさんあることで度々話題になるUFO型信号機ですが、老朽化に伴い徐々にその数が減ってきています。そして、またひとつUFO型信号機が姿を消してしまうかもしれません。

それがコチラ。地図で見るとこの辺り↓にあるUFO型信号機です。

コチラは青葉区の国見2丁目にあるUFO型信号機ですが、電柱に黄色いものがあるのが分かるでしょうか? どうやらこれは歩行者用の信号機みたいです。

離れて見るとこの通り、ちゃんと2方向に歩行者用の信号機が付いているのが分かります。UFO型信号機があれば歩行者用の信号機はいらないはずですから、もしかしたらこのUFO型信号機はなくなってしまうのかもしれません。

交差点の"UFO"一新へ 宮城の信号機、老朽化で(写真=共同)
緑や赤のライトで四方を照らす未確認飛行物体(UFO)が、交差点の真ん中に浮いているように見える――。宮城県の通称「UFO型信号機」が、老朽化に伴い今後一新される。4方向に向けた車両用、歩行者用の信号

2018年9月4日の日経新聞の記事によると、この信号機は正式名称「懸垂型交通信号灯器」というらしく、全国的にも珍しいタイプ。その当時は宮城県内に26か所あったみたいですが、老朽化も進み撤去も検討されていました。

また、2019年11月には「マツコの知らない信号機の世界」でも取り上げられ、UFO型信号機が宮城県以外でほとんどないという事実は宮城県民に衝撃を与えました。

この信号機は大崎八幡宮から東北福祉大へ向かう道路沿いにあります。姿を消してしまう前に、もう一度見てみては如何でしょうか

また、他にも消えてしまいそうなUFO型信号機の情報がありましたら、是非教えてください。


仙台つーしんでは公式LINEアカウントをつくりました。LINEのタイムラインからも仙台つーしんの記事がご覧いただけます。

コチラ↓から友だち追加よろしくお願いします!

友だち追加

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました