スポンサーリンク

エスパル仙台地下で『京都・比沙家と群馬・大とろ牛乳』のコラボ商品の販売店舗、期間限定2020年8月8-31日。

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

JR仙台駅のエスパル仙台地下1階のエキチカおみやげ通りの旧パプロミニ跡で、京都の京焼栗専門店で知られる『比沙家(ひさや)』と、群馬県みなかみ町の『大とろ牛乳』のコラボ商品の販売が、2020年8月8日(土)から31日(月)まで開催されています。

 

ニュース&イベント
最新のファッションからコスメ、フード、ショップ情報など、旬の情報が充実!「エスパルホームページ」

一応コラボ店舗で、焼きぐりだけでも、大とろ牛乳だけでも買うことは可能です。

焼きぐりのグラム販売。マロンデニッシュなどのパンの販売もあります。

一方の大トロ牛乳ですが、知らない方も多いかもしれません。

群馬県みなかみ町にある「菓子工房 大とろ牛乳」で牛乳とコラーゲンで手作りされる大とろ牛乳が近年世間で評判になっています。

この「大とろ牛乳」は四角いカップに入った状態のままで販売され、ストローで吸うか、スプーンですくう2種類の食べ方で、スムージーやシェイク感覚で食べられるのが特徴。

フレーバーやトッピングを加え、味のバリエーションを増やして楽しむことができます。

実は何も加えずプレーンで、楽しむのもおすすめなのですが…今回の出店ではプレーンは100円引きの780円。

なので、今回はプレーンと焼きぐりトッピングの両方の味が楽しめるコラボ商品(880円)がおすすめです。

コラボ商品(880円)。

見た目はわかりませんが、底にまで、砕いた焼きぐりが入っていました。

先にストローで大トロ牛乳のかさを減らしてから、焼きぐりを大とろ牛乳に浸して食べるといいそうです。

焼きぐりに塩がかけられていて、栗の甘さといいあんばい。

大とろ牛乳は氷のような冷たさのシャリシャリ感も感じられました。

おいしいもの同士の掛け合わせメニューもいいものですね。

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました