スポンサーリンク

東北新幹線の客席が、なんと『貨物車』に!当日朝に水揚げの鮮魚類を石巻から東京へ輸送する取り組み、2020年8月26-28日実施。

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

JR東日本が、2020年8月26日(水)から28日(金)の3日間、東北新幹線の客席を利用した地産品を東京駅へ輸送する取り組みを行うそうです。

https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200807_ho01.pdf

輸送当日、石巻市内で朝に水揚げされた鮮魚類を東京駅に輸送し、地産品を新幹線で首都圏に輸送、販売する取り組みは、これまでも実施されてきましたが、『東北新幹線を使用する事例は初めて』です。

当日輸送する新幹線は、

仙台駅10時41分発→東京駅12時48分着のやまびこ136号で、積込箇所は自由席1号車。

実施日の当該車両には乗車できません。

鮮魚類は、鉄道会館が運営する東京駅構内の一部飲食店で期間限定メニューとして、提供されます。

取り扱い店舗は、グランスタ東京「回転寿司羽田市場」、「海鮮居酒屋羽田市場」、グランアージュ「羽田市場食堂」など、メニューは刺身、寿司、海鮮丼を予定しています。

東北新幹線の客席で輸送される『初物』の石巻の魚介類を東京の店舗で堪能されたい方は、注目ですね。

 

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました