スポンサーリンク

『第10回宮城マスター検定1級』試験、2020年11月1日(日)宮城県庁で実施、申込は9月18日17時まで。

仙台のイベント

いかがお過ごしですか、nittaです。

第10回目を迎える『宮城マスター検定1級』試験が2020年11月1日(日)に、仙台市青葉区本町の宮城県庁で行われます。(同検定2級、3級は平成22(2010)年度で廃止されています。)

宮城県の産業,観光,食材,歴史・文化等に関する事項及びこれらの震災・復興に関する事項に関する問題が、客観式(四肢択一)及び記述式で50問(客観式35問,記述式15問)出題されます。

試験は11月1日(日)の13時30分から14時30分まで
(受付開始は12時30分 着席時間は13時15分)

検定試験の受験資格はなく、無料でどなたでも受験可能ですが、事前の受験申込が必要です。

受験申込は8月3日(月)9時より9月18日(金)17時まで、
インターネット申込および、メール,FAX,郵送で受け付けています。

『宮城マスター検定』について、詳細は以下のサイトでご確認の上、お申し込みください。

第10回宮城マスター検定1級試験(令和2年度)について - 宮城県公式ウェブサイト
宮城マスター検定,1級試験,受検案内

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました