スポンサーリンク

『会えぬなら 一緒に暮らそう 仙台で』コロナ時代の仙台川柳コンテスト入選作品が決定!

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

仙台つーしんは『コロナ時代の仙台川柳コンテスト』を開催し、2020年8月1日~8月31日まで作品を募集していました。そして今回、その入選作品を紹介します!

【大賞】

会えぬなら 一緒に暮らそう 仙台で
(地主幸さん)

【佳作】

お月見も 今年はおうちで 萩の月
(ごまちゃんさん)

松島や 行くか行かぬか 迷う位置
(文文文さん)

おいでよと 言うか言うのか ケヤッキー
(文文文さん)

知事たちが 令和の世にも 奥羽越
(文文文さん)

仙台味噌 コロナを知らず 発酵中
(安中萌咲さん)

東口 上を見ると むすび丸
(ざき島ココアさん)

仙台を 笑顔に変える イーグルス
(ざき島ココアさん)

自粛中 牛タン笹かま 萩の月
(健吉さん)

ステイホーム 不安がファンに 楽天(か)家
(地主幸さん)

コロナのせい ひょうたん揚げを 分けぬ姉
(地主幸さん)

今回、総応募数215句の中から、この大賞1句、佳作10句を選びました。

コロナ時代にあって仙台では暗い話題が多いですが、明るい気持ちになれたり、クスっと笑えるような川柳を特に選びました。大賞の地主幸さんには商品券1万円分をお送りいたします。

仙台つーしんでは、今後も仙台を明るくできるような話題を提供していきたいと思います。楽しみにしていてくださいね。

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました