スポンサーリンク

仙台駅前でガス灯工事が続いているのをご存知ですか。

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

ここ近年、仙台駅前でガス灯の工事が継続して行われるいるのをご存じでしょうか。

元々、仙台駅前のガス灯は仙台市地下鉄南北線の開通に合わせて、昭和62年(1987年)に仙台駅前商店街振興組合などから、仙台市に117基(238灯)のガス灯が寄贈されたものでした。(ガス灯は英国製)

ですが、経年劣化による灯具の腐食などにより不点灯が発生しているため、既存ガス灯をLED化(一部はガス灯を既存のまま更新、一部は撤去)する工事を行なっているそうです。

現在工事を行なっているのは、3工区目。

実は、5工区まで計画されており、年度毎に工区を変えているので、完了するのは再来年の令和4年(2022年)度の見込み。

現在主に行われているのは、青の部分(仙台ロフト、EDENなどのある区画とそれに面する愛宕上杉通り)。

 

ピンク丸はガス灯2灯で更新、×は撤去、それ以外の色はLED化のようです。

仙台駅前の景観が良くなるよう、見守りましょう…

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました