スポンサーリンク

新型コロナでパンケーキ店「CAFE202」を全店舗閉店して会社を清算し、再出発を選んだ社長の著書が、2020年11月2日(月)発売されたみたい。

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台を含め青森でも、新型コロナウイルスの患者が増加した2020年5月にプレミアムパンケーキとオムライスで知られた『CAFE 202』を全店舗閉店して一時話題になった、福井寿和社長の著書が、2020年11月2日(月)に刊行されたみたいです。

本のタイトルは『全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話』

全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話 | 福井 寿和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで福井 寿和の全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話。アマゾンならポイント還元本が多数。福井 寿和作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話も...

…本のタイトルは長いですが、傍目には見えない紆余曲折があったのだろうと、感じさせます。

仙台では、ブランチ仙台の店舗が、閉店の憂き目に遭いました。

青森発祥のパンケーキ店が全店閉店したみたい。仙台店も。

でも、新型コロナウイルスが原因あるいは遠因の店の閉店は、感染が収まらない現在も、事業に携わっている人にとっては、他人事ではないと思われます。

関心をお持ちの方は、読まれてみるのもいいかもしれません。

それでは。

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました