スポンサーリンク

仙台管区気象台は『暴風雪と高波及び大雪に関する東北地方気象情報 第2号』を発表。29日~30日にかけて暴風雪に注意。

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

仙台管区気象台が『暴風雪と高波及び大雪に関する東北地方気象情報 第2号』を発表しました。

スポンサーリンク

『暴風雪と高波及び大雪に関する東北地方気象情報 第2号』

仙台管区気象台が1月27日15時50分に発表した『暴風雪と高波及び大雪に関する東北地方気象情報 第2号』によると、東北地方では29日から30日にかけて、日本海側を中心に大雪になるところがあるとのこと。

また、海上を中心に西よりの風が雪を伴って非常に強く吹くとのことです。

風の予想は次の通り。

29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 20から24メートル(25から35メートル)
東北日本海側 陸上 15から19メートル(25から35メートル)
東北太平洋側 海上 20から24メートル(25から35メートル)
東北太平洋側 陸上 15から19メートル(25から35メートル)

また、雪の予想は次の通りです。

28日18時から29日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 30から50センチ
東北日本海側 平地  20から40センチ
東北太平洋側 山沿い 20から40センチ
東北太平洋側 平地  10から20センチ

その後、29日18時から30日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 40から60センチ
東北日本海側 平地  30から50センチ
東北太平洋側 山沿い 30から50センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ

この発表の詳細はコチラ↓のページからご覧頂けます。

気象庁 | 気象情報
スポンサーリンク

『暴風雪と高波及び大雪に関する東北地方気象情報 第2号』の詳細

この発表の詳細は次の通りです。

(見出し)
東北地方では、発達する低気圧と強い冬型の気圧配置の影響により、29日から30日にかけて、日本海側を中心に大荒れや大しけとなり、大雪となる所があるでしょう。暴風雪や高波に警戒し、大雪に注意・警戒してください。

(本文)
【気象状況】
29日は低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。その後、30日にかけて東北地方の上空約5000メートルには、氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まるでしょう。

【予想と防災事項】
<風と波の予想>
東北地方では、海上を中心に西よりの風が雪を伴って非常に強く吹き、日本海側の海上は大しけとなる見込み。

29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 20から24メートル(25から35メートル)
東北日本海側 陸上 15から19メートル(25から35メートル)
東北太平洋側 海上 20から24メートル(25から35メートル)
東北太平洋側 陸上 15から19メートル(25から35メートル)

29日に予想される波の高さ
東北日本海側 8メートル
東北太平洋側 5メートル

また、30日も海上を中心に、西よりの風が雪を伴って非常に強く吹き、日本海側の海上は大しけの状態が続く見込み。

<雪の予想>
東北地方では、日本海側を中心に大雪となる所がある見込み。上空の寒気が予想よりも強まった場合は、警報級の大雪となる可能性がある。

28日18時から29日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 30から50センチ
東北日本海側 平地  20から40センチ
東北太平洋側 山沿い 20から40センチ
東北太平洋側 平地  10から20センチ

その後、29日18時から30日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 40から60センチ
東北日本海側 平地  30から50センチ
東北太平洋側 山沿い 30から50センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ

気象庁 | 気象情報
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました