スポンサーリンク

仙台市の犬猫ペットの防災対策についてのまとめ。

仙台のちょっと役立つ情報

いかがお過ごしですか、nittaです。

東日本大震災からまもなく10年目となる2021年2月13日夜に発生したマグニチュード7.3の『2021年福島県沖地震』に肝を冷やされた方も多いことでしょう。

さて、犬猫などペットを飼育されている方にとっても災害は、人もペットも無関係ではありません。

ここでは、簡単にペットの災害対策をまとめました。

(詳細は、仙台市の以下のリンクでご確認ください。)

ペットのための災害対策関連情報
スポンサーリンク

普段の災害対策

災害時に備え、飼い主が準備しておくべき7つのポイントは、次のとおりです。

  1. 最低限のしつけが必要です。
  2. 所有者明示が大切です。
  3. 動物は原則として室内で飼育できるように考えましょう。
  4. 健康管理を行いましょう。
  5. 動物用避難用品を確保しておきましょう。
  6. 動物避難場所を確認・確保しましょう。
  7. ご近所でペットの輪を広げましょう。

 

スポンサーリンク

災害時

『ペットも飼い主と一緒に同行避難』です。

※仙台市で設営される避難所はペット避難に対応しています。ですが、避難所では不特定多数の方と関わります。

落ち着いて避難所生活を送るためには、普段からの備え(ペットの持ち主が分かる迷子札の着用、マイクロチップの埋め込みや、集団生活に耐えられるペットのしつけ。食糧備蓄品の確保、地域住民との交流など。)が必要です。

避難所では、飼い主に以下の対応を求められます。

https://bit.ly/2ZuPsOM

犬猫など、ペットを飼育されている方は、この機会に、ペットの防災対策について考えてみてはいかがでしょうか。

それでは。

※仙台ペットコつーしんも、ご覧ください。

仙台ペットコつーしん | 仙台ペットコ
仙台ペットコ

 

nitta

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました