スポンサーリンク

手話を通して震災や災害について考える映画『きこえなかったあの日』『架け橋 きこえなかった3.11』、仙台市内でも上映に。

仙台のイベント

いかがお過ごしですか、nittaです。

震災や災害を経験された耳の聞こえない方(被災ろう者)への取材を通し、世間に問う作品を手掛けられている今村彩子(いまむら・あやこ)監督の最新の映画作品『きこえなかったあの日』が、新宿K’s cinemaをはじめ、仙台チネ・ラヴィータのほか、順次全国の映画館で上映されます。また、今回はインターネット配信でも有料上映もされています。

スポンサーリンク

きこえなかったあの日

詳細はこちらをご覧ください。

映画『きこえなかったあの日』公式サイト
今村彩子監督最新作『きこえなかったあの日』2021年2月27日㊏より新宿K's cinemaほか全国順次公開。東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行……。耳のきこえない人たちと災害、10年の記録。

※画像は公式サイトより

予告編『きこえなかったあの日』

仙台の映画館では、仙台駅東口のBiVi仙台駅東口2階『チネ・ラヴィータ』で、2021年3月26日(金)〜4月8日(木)まで上映の予定。3月27日(土)には上映後、今村彩子監督と小泉正壽さん(宮城県聴覚障害者協会会長・出演者)、菊地信子さん(出演者)による舞台挨拶も予定されています。

きこえなかったあの日 - 劇場情報
今村彩子監督最新作『きこえなかったあの日』2021年2月27日㊏より新宿K's cinemaほか全国順次公開。東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行…。耳のきこえない人たちと災害、10年の記録。

なお、同様の作品として、『架け橋 きこえなかった3.11』も仙台市内での上映が予定されています。

スポンサーリンク

架け橋 きこえなかった3.11

架け橋 きこえなかった3.11
「架け橋 きこえなかった3.11」2011年3月11日に起こった東日本大震災の被災地でろう者の現状を綴った、今村彩子監督映画作品

架け橋:予告編

仙台市青葉区上杉の『仙台YMCA』にて、2021年3月20日(土)に上映会が予定されています。(要申し込み)

震災や災害は、立場を分け隔てなくやってきます。でも、みんなそれに立ち向かいました。

いろいろな『気づき』を感じることのできる映画。関心をお持ちの方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

 

 

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました