スポンサーリンク

東北初のボウリング場をオープンさせた宮城の人気チェーン店、分かる?

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

東北初のボウリング場をオープンさせた宮城の人気チェーン店が何か、皆さんは分かりますか?

スポンサーリンク

東北初のボウリング場をオープンさせた宮城の人気チェーン店、分かる?

EBeanS(イービーンズ)が、エンドーチェーンの歴史をまとめた特設WEBサイトを公開しました。

このWEBサイトは、エンドーチェーンの歴史を「創業」「発展」「躍進」「復興」の4つに分け、昔懐かしい写真とともに掲載しています。サイトを開くと懐かしいCMソングが流れます。

そのサイトはコチラ↓になります。

エンドーチェーン創業90周年の歴史|仙台駅前エンドー|イービーンズ
昭和3年、創業者遠藤養吉は実家の農業をすて。志田郡鹿島台に小さな家を建て商いを始めた。これがエンドーチェーンの始まりである。
スポンサーリンク

エンドーチェーン90年の歴史

その歴史を見てみると、1928年12月に宮城県志田郡鹿島台(現・大崎市鹿島台)で、少しの食料品や雑貨を並べた小さな店を開業したところからエンドーチェーンの歴史は始まります。

1936年には黒川郡吉岡町(現・大和町吉岡)の呉服店を買収し「遠藤屋呉服店」を開業。これがエンドーチェーンの1号店となる吉岡店の基礎となりました。

1959年4月には宮城県古川市に第2号店となる古川三日町店を開設。「美空ひばり」のショーを行うなど、大きな反響を呼びました。

1962年12月に開店した仙台宮町のオープン初日には、仙台市民の約40%にあたる18万人が訪れたそうです。

そして1964年には今のイービーンズにあたる仙台駅前店をオープン。地階が食品、1階が婦人用品、2階が紳士・子ども洋品、3階が寝具・呉服、4階が荒物雑貨、5階が食堂、6階がボウリング場という魅力的な店舗構成。

実は、これが東北初のボウリング場だったみたいです。東北初のボウリング場はエンドーチェーンだったのですね。

そのほかエンドーチェーンの歴史が気になる方は、是非コチラ↓のサイトをご覧ください。

エンドーチェーン創業90周年の歴史|仙台駅前エンドー|イービーンズ
昭和3年、創業者遠藤養吉は実家の農業をすて。志田郡鹿島台に小さな家を建て商いを始めた。これがエンドーチェーンの始まりである。
スポンサーリンク

コラボTシャツがもらえるかも?

イービーンズでは、『エンドーチェーンの歴史』 特設WEBサイト公開記念として、宮城のキャラクター×エンドーチェーンコラボTシャツのプレゼントキャンペーンを実施しています。

こちらも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

『エンドーチェーンの歴史』特設WEBサイト公開|仙台駅前エンドー|イービーンズ
  特設WEBサイトはこちらから!!   エンドーチェーンの90年間を振り返る! 昔懐かしいものや知られざる秘話などを当時の写真と共に掲
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました