スポンサーリンク

仙台市青葉区定義の『大倉大橋』が、修繕工事のため2021年6月30日より1年以上通行止めに。仙台市営バス『845系統・定義行き』路線バスに影響が。

仙台のちょっと役立つ情報

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台市青葉区定義の大倉川が流れ込む大倉ダムの上流部に架かる大倉大橋の橋梁修繕工事が、2021年6月30日より始まりますが、それに伴う通行止めにより、大倉大橋を経由する仙台市営バスの路線(845系統/S845系統)の大倉ダム周辺の一部エリアで、大きく影響が出る見込みです。

 

大型修繕の兆しは、2018年には出てきていたみたい。

FixMyStreet Japan - 仙台市青葉区(宮城):大倉大橋の路面がひどいです
大倉ダムにかかる大倉大橋の床版アススァルト舗装面がボロボロになっていました。

修繕工事に伴う通行止めは、予定では来年2022年7月末まで約1年1ヶ月に及ぶ模様。その期間、845系統の代行バスの運行も予定されていますが、運行路線や乗り継ぎがかなり複雑です。

※代行バスは、別途時刻表が用意されています。

詳しくは、仙台市交通局の特設サイトをよくご覧の上で、不安であれば乗車前にドライバーさんに、降りるバス停で停車するのかを、確認するのが賢明と思われます。

仙台市交通局 大倉大橋通行止めに伴う市バスの「経路変更」について
市バスや地下鉄の情報から、観光モデルコー...

なお、それ以外の一般車両についても、大倉大橋の通行止めによりダム周辺の迂回ができないことに変わりありませんので、レジャーなどで定義方面に行かれる際はご注意ください。

それでは。

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました