スポンサーリンク

仙台駅前・ハピナ名掛丁商店街の『靴のタカハシ』が、2022年4月末をもって閉店をされるみたい。

仙台の開店・閉店

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台駅前・ハピナ名掛丁商店街の『靴のタカハシ(株式会社 タカハシ靴店)』が、来年2022年4月末をもって閉店をされるみたいです。

『閉店に伴い、格安で販売致しております。』

いいセンスのシューズをお買い求めできるでしょう。

店内に貼られていたのは、2022年(令和4年)4月末の閉店に伴う『タカハシ靴店商品券』をお持ちの方へのご案内。閉店後は使用できなくなります。

それにしても、どうして10ヶ月先の来年4月の閉店を、初夏の今行う必要があったのでしょう?

実は店の看板に、ヒントがあるみたい。

靴の中に人が乗っていますね。つまり靴は『ヒトのタイヤ』なのですね。

『自動車が、冬に冬タイヤに履き替える』ように、『ヒトも、雪の積もる冬には、厚底靴に履き替えます』。

商品券を利用して冬用の厚底靴を求めるお得意様の事を考えると、来春の閉店も道理がつくのですね。

昭和元年創業で創業が1世紀近い『靴のタカハシ』。店内を回って見ましたが、いい靴揃いでした。

閉店は残念ですが、こだわりの靴を求めに足を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは。

 

 

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました