スポンサーリンク

宮城県内2カ所目となる水素ステーションが完成!その場所とは?

仙台の開店・閉店

どーもー、仙台つーしんのせんだーいです!

今回は8月5日(木)に完成したばかりの、宮城県内では2カ所目となる水素ステーションのご紹介!

開所記念式典の様子もお伝えしていきますよ~!

スポンサーリンク

「イワタニ水素ステーション仙台空港」が8月8日(日)にオープン!

2021年8月5日(木)に「イワタニ水素ステーション仙台空港」が完成しました!

宮城県内の水素ステーションは、仙台市宮城野区幸町の「イワタニ水素ステーション宮城仙台」に続いて、県内2カ所目となりますよ~!

営業開始は8月8日(日)となっています!

「イワタニ水素ステーション仙台空港」は、地図で見るとこの辺り。

その名の通り、仙台空港のすぐ近くですね!

せんだーい
せんだーい

水素ステーションとは、いったいどんな施設なのでしょうか~?

スポンサーリンク

「究極のエコカー」燃料電池自動車に水素の補給が可能!

水素ステーションは「究極のエコカー」とも呼ばれる燃料電池自動車(FCV)に、燃料となる水素を補給することができる施設です!

FCVは水素と酸素が科学反応する際に発生する電気を使って走る車で、二酸化炭素が発生しない環境にやさしいクリーンな車として、注目を集めていますよ~!

「イワタニ水素ステーション仙台空港」では、1台あたりおよそ3分ほどで満充填ができるとのこと!

燃料電池バスなどの大型車両への充填も可能ですよ~!

使用している水素は、福島県浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド」において、太陽光発電で水の電気分解を行って製造したグリーン水素とのこと!

せんだーい
せんだーい

主に空港を利用するレンタカーやタクシーに供給されることとなり、今後はバスなどへの供給も予定されているとのことですよ~!

スポンサーリンク

「イワタニ水素ステーション仙台空港」開所式を見に行ってきました~!

8月8日(日)のオープンに先立ち「イワタニ水素ステーション仙台空港」では、8月5日(木)に開所記念式典が開催されました!

せんだーいも、開所記念式典におじゃまさせていただきましたよ~!

開所記念式典は「イワタニ水素ステーション仙台空港」を開所された、岩谷産業株式会社の代表取締役兼CEOの牧野 明次様の開会・主催挨拶で幕を開けました。

続いて来賓祝辞として、宮城県知事の村井 嘉浩様からお言葉をいただきました。

近隣住民等の協力によって開所することができたこと、今後世界でも注目される燃料電池自動車の普及に力を入れていき、燃料電池自動車のタクシーやバスを増やしていきたい旨を話されていましたよ~!

 

そしていよいよテープカットです!

華やかなファンファーレが流れる中でテープがカットされ、会場は暖かい拍手に包まれていました!

 

その後は牧野様と村井様による、FCVへの水素充填セレモニーも開催されましたよ~!

せんだーい
せんだーい

笑顔のお二人が一緒に充填される姿が印象的ですね♪

 

こちらのむすび丸がデザインされた燃料電池自動車は、宮城県が購入されたものなのだとか!

せんだーい
せんだーい

宮城県の温室効果ガス排出抑制への取り組みが形となった1台ですね♪

 

現在宮城県では、2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素排出実質ゼロ)を目指した温室効果ガス排出抑制のための施策の一環として、水素エネルギーの利活用を推進しています!

水素ステーションはもちろんのこと、環境にやさしい水素エネルギーの今後の活躍にも注目していきたいところ!

個人で燃料電池自動車を持つのが普通になる時代も、そう遠くないかもしれませんね♪

スポンサーリンク

「イワタニ水素ステーション仙台空港」詳細情報

所在地:宮城県岩沼市空港西1-33

営業時間:9:00~17:00

定休日:水曜日

水素供給方式:圧縮水素(オフサイト供給)

充填能力:300Nm3/h 1時間当たり6台のFCV

吐出圧力:82MPa(メガパスカル) ※1MPa≒10気圧

主要設備:圧縮機、蓄圧器、ディスペンサーなど

sendai-tushin

仙台の情報を日々発信する情報サイト『仙台つーしん』です。最新情報はTwitter・Facebookからも更新しています。是非フォローお願いします!

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました