スポンサーリンク

仙台管区気象台が『大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報 第2号』を発表されています。(2021年08月10日05時06分発表)

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台管区気象台が『大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報 第2号』を発表されています。(2021年08月10日05時06分発表)

この後、10日昼過ぎにかけて、低気圧が東北地方を通過する見込み。

引き続き、大雨だけでなく、海のレジャーも気をつけた方が良さそうです。

スポンサーリンク

『大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報 第2号』を発表されています。

●東北地方では、低気圧の影響により、大雨や暴風、大しけとなる見込みです。

●10日夜遅くにかけて、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、暴風や高波に警戒してください。

●落雷や突風、高潮に注意してください。

この発表について、詳しくは以下のページをご覧ください。

気象庁|気象情報
スポンサーリンク

『大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報 第2号』の詳報

この発表の詳細は、次の通りになっています。

大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報 第2号
2021年08月10日05時06分 仙台管区気象台発表

東北地方では、低気圧の影響により、大雨や暴風、大しけとなる見込みです。10日夜遅くにかけて、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、暴風や高波に警戒してください。また、落雷や突風、高潮に注意してください。

【気象状況】
低気圧が日本海にあって、東北東へ進んでいます。この低気圧は、10日昼過ぎにかけて東北地方を通過する見込みです。

【予想と防災事項】
<雨と雷の予想>
東北地方では、雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。

10日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 50ミリ
東北太平洋側 30ミリ

10日6時から11日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 150ミリ
東北太平洋側 100ミリ

<風と波、高潮の予想>
東北地方では、南のち西よりの暴風となり、海上では大しけとなる見込み。また、高潮のおそれもある。

10日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 23メートル(35メートル)
東北日本海側 陸上 18メートル(30メートル)
東北太平洋側 海上 23メートル(35メートル)
東北太平洋側 陸上 15メートル(30メートル)

10日に予想される波の高さ
東北日本海側 5メートル
東北太平洋側 6メートル

10日に予想される最高潮位
東北日本海側 標高 1.0メートル
東北太平洋側 標高 1.0メートル

<防災事項>
東北地方では、10日夜遅くにかけて、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また、10日夕方にかけて暴風に警戒し、10日夜遅くにかけて高波による船舶や沿岸施設等への被害に警戒してください。また、落雷や突風、海岸や河口付近では、高潮による浸水や冠水に注意してください。

【補足事項】
今後発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。
次の「大雨と暴風及び高波に関する東北地方気象情報」は、10日16時頃に発表する予定です。

降雨の状況は、以下のサイトでご確認できます。

気象庁 | ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)
このページでは、1時間先までの降水分布、雷の活動度、竜巻発生の確度の予報をご覧いただけます。

引き続き、防災情報にお気をつけください。

気象庁|あなたの街の防災情報
気象庁が発表するあなたの街の防災情報を表示します。

それでは。

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました