スポンサーリンク

仙台管区気象台は『大雨と雷及びひょうに関する宮城県気象情報 第3号』を発表。

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

仙台管区気象台は『大雨と雷及びひょうに関する宮城県気象情報 第3号』を発表しました。

スポンサーリンク

仙台管区気象台は『大雨と雷及びひょうに関する宮城県気象情報 第3号』を発表。

仙台管区気象台が8月12日17時04分に発表した『大雨と雷及びひょうに関する宮城県気象情報 第3号』によると、宮城県では前線や温かく湿った空気の影響により、14日にかけて大雨となる所がある見込みです。

12日18時から13日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で東部80ミリ、西部60ミリ。その後、13日18時から14日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で東部50から100ミリ、西部50から100ミリとなっています。

その後も、前線は本州付近に停滞するため、断続的に雨が降り、総降水量がさらに増えるおそれがあります。

この発表の詳細はコチラ↓のページをご覧ください。

気象庁|気象情報
スポンサーリンク

仙台管区気象台『大雨と雷及びひょうに関する宮城県気象情報 第3号』の詳細

この発表の詳細は次の通り。

宮城県では、前線や温かく湿った空気の影響により、14日にかけて大雨となる所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。また、落雷や突風、ひょうに注意してください。

【気象状況】
前線が華中から西日本日本海側を通って東日本にのびており、13日にかけて、東日本をやや北上し、停滞する見込みです。その後も、前線は本州付近に停滞するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が不安定となり、14日にかけて前線の活動が活発な状態が続く見込みです。

【予想と防災事項】
<雨と雷の予想>
宮城県では、12日夜のはじめ頃にかけて、雷を伴って強い雨が降り、その後も、14日にかけて断続的に雨が降る見込み。雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性がある。

12日18時から13日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東部 80ミリ
西部 60ミリ

その後、13日18時から14日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東部 50から100ミリ
西部 50から100ミリ

その後も、前線は本州付近に停滞するため、断続的に雨が降り、総降水量がさらに増えるおそれがある。

<防災事項>
宮城県では、14日にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。また、12日夜のはじめ頃にかけて、落雷や突風、ひょうによる農作物や農業施設等への被害に注意してください。

気象庁|気象情報
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました