スポンサーリンク

『リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング』で宮城県は第何位?

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

gooランキングが『リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング』を発表していましたよ。

スポンサーリンク

『リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング』で宮城県は第何位?

gooランキングが発表した『リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング』のランキング上位は次の通り。

第1位 沖縄県
第2位 静岡県
第3位 東京都
第4位 福岡県
第5位 大阪府
第6位 愛知県
第7位 長崎県
第8位 神奈川県
第9位 京都府
第10位 兵庫県

宮城県は残念ながらトップ10入りはしませんでしたが、第19位という結果でした。

東北各県の結果は、青森県が第27位、岩手県、秋田県、山形県、福島県がともに同率第30位という結果でした。東北は全体的に老後に住むイメージがないのかもしれません。

ランキング上位を見てみると暖かい地域が多いので、東北は雪が多くて大変なイメージがあるのかもしれませんね。

このランキングの詳細はコチラ↓のページをご覧ください。

リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング
退職や引退を意味する言葉「リタイア」。近年では30代~50代のまだ若いうちからリタイアし、貯蓄や不労所得などで余生を送る「アーリーリタイア」にも注目が集まっているようですね。
スポンサーリンク

老後に住みたい都道府県ランキング

ちなみに、2020年1月には『老後に住みたい都道府県ランキング』をgooランキングが発表しています。

その結果は、宮城県が第11位。そして、秋田県13位、福島県18位、青森県22位、山形県22位(同率)、岩手県24位となっていました。

『老後に住みたい都道府県ランキング』だと東北は上位ですが、『リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング』だとあまり上位ではないというのは、かなり不思議な結果ですね。

『老後に住みたい都道府県ランキング』の詳細はコチラ↓のページをご覧ください。

老後に住みたい都道府県ランキング
仕事や子育てなどを終えた人生のラストステージをどこで暮らすのかは、いずれ誰もが考える問題ですよね。利便性やその土地の空気、頼れる人がそばにいるかどうかなど、重要視する点は人によってさまざまです。そこで今回は、どの都道府県が「老後に住みたい!」と思われているのかを調査、ランキングにしてみました。
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました