スポンサーリンク

宮城県美術館で『宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022』が、2022年2月5日-3月27日に開催されるみたい!

仙台のイベント

いかがお過ごしですか、nittaです。

宮城県美術館で『宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022』が、2022年2月5日(土)-3月27日(日)に開催されるみたいです。(期間中休館日あり、要確認。)

イベントの詳細、最新情報は、宮城県美術館の公式イベントページをご覧ください。

宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022

ふたごの野ねずみぐりとぐら、はじめておつかいに行くみいちゃん、ぶたぶたくん、きっこちゃん…絵本で出会った仲間たちが、時を経ても心に刻まれているのは、絵本の世界に深く入り込んだ幼少期の体験があったからではないでしょうか。

1956年に創刊した月刊絵本「こどものとも」は、子どもが最初に出会う絵本にこそ芸術性の高い絵をとの思いから洋画家や日本画家、彫刻家、デザイナー、漫画家など、幅広い分野の作家たちから絵を求めました。作家たちはそこで様々な技法・材料を試し、自由な表現を繰り広げました。上質な美術体験を与える絵本づくりを目指し、挑戦と改革を重ねた「こどものとも」の土壌からは、やがて「ぐりとぐら」のイメージを生んだ山脇百合子、表現にデザインの美しさを取り入れたなかのひろたかなど、絵本を主な舞台として活躍する作家も育っていきました。

2002-03年と2013年の同題の展覧会に続く本展では、「こどものとも」の初期の絵本原画を核とする宮城県美術館の絵本原画コレクションの中から、「こどものとも」を語るに欠かせない人気作はもちろん、初出品作も多数含む、34作家の53タイトル、約360点の絵本原画を展示します。

これら絵本原画の数々は、今日子どもから大人まで広く親しまれるものとなった絵本文化がかたちづくられるまでの、原点とその歩みを語ってくれることでしょう。絵本原画の世界をこの機会に、ぜひお楽しみください。

  • 出品作家

秋野不矩、朝倉 摂、池田龍雄、太田大八、太田 忠、小野かおる、串田孫一、クロード岡本、小出保子、齋藤眞成、佐藤忠良、竹山 博、長 新太、寺島龍一、中谷千代子、中谷貞彦、なかのひろたか、西巻茅子、馬場のぼる、林 明子、土方久功、堀 文子、松下紀久雄、水四澄子、三好碩也、村田道紀、村山知義、矢吹申彦、山田三郎、山中春雄、山本忠敬、山脇百合子、吉井忠、渡辺三郎

同イベントは前回は2013年の開催。今回は34作家の53タイトル、約360点の絵本原画の展示があるみたい。

見覚えのある絵本の挿し絵が見られるかもしれません。

『ぐりとぐら』をはじめとする、福音館の『こどものとも』の絵本作品をご覧になった方で気になる方は、スケジュールにチェックをしておくと良さそうです。

それでは。

仙台のイベント

仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
仙台つーしん

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました