スポンサーリンク

今年の冬は給湯器の凍結に注意が必要な切実な理由とは?

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

今年の冬は給湯器の凍結に注意が必要みたいです。

スポンサーリンク

今年の冬は給湯器の凍結に注意が必要な切実な理由とは?

ノーリツが2021年12月7日に発表したニュースリリースによると、今年の冬は給湯器の凍結に注意が必要とのことです。

ノーリツによると、例年、冬季は夏季と比較して給湯機器の破損・故障が約3割多く発生するそうです。しかし、コロナの影響で一部商品(主に給湯機器)に納期の遅延が発生。そのため、例年以上に破損・故障に注意が必要とのことです。

給湯器の各メーカーの状況を調べてみると、リンナイパーパスでも、給湯器などの納期に遅延が発生していると発表が出ています。

まもなく本格的な冬がやってきますが、壊れたままの給湯器で冬を過ごす、なんてことのないように給湯器の凍結には十分に注意したいですね。

ノーリツの発表の詳細はコチラ↓になります。

冬季における給湯機器の破損・故障に関する注意喚起 | ニュースリリース | ノーリツ
スポンサーリンク

給湯器を凍結させないために

仙台市ガス局によると、給湯器を凍結させないための注意点は次の通り。

1.ガス給湯器の電源プラグを抜かない。
2.追い焚き機能付き給湯器の場合浴槽のお湯は全部捨てない。
3.冷え込みが激しいときは、お湯の出る側の蛇口から少量の水を流す。
4.大寒波の時は給湯器本体の水抜きをする。

各メーカーが発表している凍結防止のページへのリンクも掲載されていますので、詳しくはコチラ↓の仙台市ガス局のサイトをご覧ください。

2021.11.29 ガス給湯器の凍結にご注意ください | ガス局からのお知らせ | 仙台市ガス局ホームページ
こちらは仙台市ガス局のホームページです。

昨シーズンは、仙台市内でマイナス7.6℃が観測されるという記録的な寒さがありました。

その際には、自動水抜栓のあるおうちで、一旦通水しても、あまりの寒さに数分で自動的に水抜きされてしまうという現象も起きました。

今シーズンの冬がどのくらいの寒さとなるかは分かりませんが、給湯器の凍結には十分気を付けたいですね。

仙台の話題

仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
仙台つーしん
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました