スポンサーリンク

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』の2位は「豚汁」と言わない。

仙台の話題

どうも!仙台つーしんのずんだです!

仙台つーしんは、読者投票により『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』を決定しました!

※ランキングはあくまで仙台つーしん調べです。

スポンサーリンク

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』の2位は「豚汁」と言わない。

226人から987票(ひとり5票まで)を頂いた結果、『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』で第1位に輝いたのは「トイレの場所を確認しておく (76票)」でした。

芋煮会といえば河原で行うのが定番ですが、トイレが近くにない場合もあります。トイレに行きたくなってからトイレが見つからずに困らないように、あらかじめ場所を確認しておくのが大切ですね。

第2位にランクインしたのは「「豚汁」と言わない (75票)」。豚肉、味噌を使った芋煮は豚汁と具材がよく似ています。しかし、それを「豚汁」というのは仙台ではご法度。うっかり口を滑らせてしまわないように注意しましょう。

そして、第3位には「下ごしらえは家でしておく (65票)」がランクインしました。芋煮は必要な具材が多く調理に時間がかかります。そのため、下ごしらえは事前に家でしておくという方も多いみたいです。

また、おにぎりを作って持っていくという方もいるみたいですよ。

その他、第4位に「河原は寒い (57票)」、第5位に「火の始末はしっかり行う(52票)」がランクインしました。

芋煮シーズンは終わってしまいましたが、是非来年の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』の結果

仙台つーしんが読者投票により決定した『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』の結果は次の通りです。

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』第1位~第10位

第1位 トイレの場所を確認しておく (76票)
第2位 「豚汁」と言わない (75票)
第3位 下ごしらえは家でしておく (65票)
第4位 河原は寒い (57票)
第5位 火の始末はしっかり行う (52票)
第6位 川で洗い物をしない (50票)
第7位 参加者の出身地を確認しておく (48票)
第8位 鍋底にクレンザーを塗っておくとすすが落ちやすい (46票)
第9位 互いの良さを認め合う寛大な心を持ち寄ること (40票)
第10位 宮城と山形の両方の味をつくる (33票)
第10位 「手ぶらで芋煮プラン」がある場所が便利 (33票)

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』第12位~第20位

第12位 火気使用許可等のルールをしっかりと確認する (32票)
第13位 醤油派と味噌派、牛肉派と豚肉派がいること (31票)
第14位 主食のごはんはおにぎり持参が楽 (29票)
第15位 こんにゃくは手でちぎった方が味が染みる (28票)
第15位 後片付けは来た時よりも綺麗にする (28票)
第17位 煙の臭いがつくので防臭対策が必須 (27票)
第17位 着火剤はあった方が良い (27票)
第19位 必ず味噌・醤油論争をしなければいけない (25票)
第20位 容器が風で飛ばされないように気を付ける (22票)

スポンサーリンク

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』調査方法

投票期間:2021年11月14日~11月21日
投票人数:226人
投票数:987票(ひとり5票まで)
投票ページ:コチラ↓のページ

芋煮会をするときに知ってた方が良いことって、何?
どうも!仙台つーしんのずんだです! 仙台つーしんでは、『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』をつくるため、その投票の受付を開始したいと思います! 芋煮会をするときに知ってた方が良いことって、何? 次の中から、芋煮会を...
スポンサーリンク

『芋煮会をするときに知ってた方が良いことランキング』の投票選択肢

今回の投票選択肢は、あらかじめTwitterで募集したコメントを踏まえて設定しました。

今回、投票選択肢として設定したのは次の37個です。

・自分の皿が分からなくならないようにする
・煙の臭いがつくので防臭対策が必須
・防寒対策は必要
・「手ぶらで芋煮プラン」がある場所が便利
・河原は寒い
・トイレの場所を確認しておく
・イベントの企画
・薪で火をたくを鍋の外側のすすが凄い
・鍋底にクレンザーを塗っておくとすすが落ちやすい
・着火剤はあった方が良い
・来た時よりも綺麗にする
・川で洗い物をしない
・風上にかまどの口を向ける
・火の始末はしっかり行う
・乾いた薪を用意する
・火気使用許可等のルールをしっかりと確認する
・使い捨てのお椀をは多めに持っていく
・割りばしは多めに持っていく
・飲み物は蓋のできる容器で飲む
・タッパーを持っていく
・容器が風で飛ばされないように気を付ける
・鍋の蓋を取っ手に挟めて立てかけると場所を取らない
・下ごしらえは家でしておく
・ポットでお湯を持参すると便利
・こんにゃくは手でちぎった方が味が染みる
・焼肉や焼きそばなども準備する
・煮込む間に火にアルミで包んだリンゴなどを入れると美味しい
・七味唐辛子を持っていく
・油麩があると美味しい
・主食のごはんはおにぎり持参が楽
・味変にカレーがあると美味しい
・宮城と山形の両方の味をつくる
・醤油派と味噌派、牛肉派と豚肉派がいること
・必ず味噌味醤油味で論争しなければいけない
・味噌or醤油論争に巻き込まれないようにする
・互いの良さを認め合う寛大な心を持ち寄ること
・「豚汁」と言わない
・参加者の出身地を確認しておく

zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました