スポンサーリンク

仙台銀行の被災地等の移動店舗『仙台銀行どこでも窓口』の運用が、2022年3月で終了するみたいです。

仙台の開店・閉店

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台銀行が、東日本大震災後の2012年より、被災地の顧客の利便性確保の為に営業をしてきた移動店舗『仙台銀行どこでも窓口』の運用が、2022年3月で終了するみたいです。

https://www.sendaibank.co.jp/cms/view.php?no=20211130104651

1. 理由
当行は、東日本大震災で当行沿岸部の 5 店舗が全壊し、うち志津川支店・歌津支店(南三陸町)、雄勝支店(石巻市)が現地での営業再開に至っていなかった中で、専用の巡回型トラック車輛に窓口設備とATMを搭載し、移動店舗として上記の被災地へ巡回営業を行ってまいりました。
沿岸被災地域への巡回は、志津川支店、歌津支店の新店舗での営業再開、雄勝地区へのATMの設置をもって終了しており、現在は、店舗統廃合を実施した津谷地区・津山地区へ巡回しております。導入から 9 年が経過した中で、沿岸被災地域の復興に一定の役割を果たしたこと、移動店舗の老朽化が進んでいること、巡回場所近隣にATMを設置していることなどから、今年度をもって営業を終了させていただくものです。

2. 最終営業日

津谷地区(丸吉木材株式会社様敷地内) 2022 年 3 月 25 日(金)

津山地区(登米市津山総合支所敷地内) 2022 年 3 月 31 日(木)

 

https://kyoso.tuad.ac.jp/blog/産学連携の事例紹介/110.html

震災で沿岸部の5店舗が全壊したものの、新たな店舗の営業開始や、移動店舗の巡回地域近くにもATMの設置が行われていることから、老朽化の進む移動店舗の営業を終了されるみたい。

東日本大震災から10年以上経過しました。震災からの復興は進めなければいけませんが、震災の教訓は忘れるわけにはいきませんね。

それでは。

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました