スポンサーリンク

【6日(日)にはJAXAもコラボのイベントも!】仙台市消防局の『令和4年春の火災予防運動』は、仙台市天文台とコラボしてるみたい!

仙台のイベント

いかがお過ごしですか、nittaです。

2022年3月1日から1週間実施される仙台市消防局の『令和4年春の火災予防運動』は、今回は仙台市天文台とコラボしてるみたいです。

仙台市天文台では、3月6日(日)に『仙台市消防局Galaxyプロジェクト「宇宙・天文と火災予防」』として、様々な関連イベントを開催されるみたい!

令和4年春の火災予防運動(イベント「宇宙・天文と火災予防」の情報などもこちらから)

このイベントは、仙台市天文台と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力で開催します。

なぜ宇宙・天文と火災予防なの?関係が分からない、とお思いの方も多いのではないでしょうか。実はそこには意外な関係があるのです。

異色の3者によるコラボレーションは、全国的にも非常に珍しい取組みになるでしょう。

※イベントの講演「宇宙と火災」については、来場者の皆さまの密集・密接をさけるため、入場者に定員を設けることとして整理券の当日配布を行います。詳しくは下記をご確認ください。

イベントの開催日時
令和4年3月6日 日曜日 10時45分から16時まで

場所
仙台市天文台

内容
講演 「宇宙と火災」

【概要】 最先端の科学で考えられてきた火災への対策。宇宙空間での火災の話などもおりまぜながら、身近な火災予防についても考えます。
※対象は小学生~大人の方まで(どなたでもお気軽にお楽しみいただける内容です。)
【講師】 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発部門第四研究ユニット
特任担当役  吉田 誠 氏
【会場】 加藤・小坂ホール
【定員】 各回50名 整理券の当日配布を行います。(整理券はなくなりしだい締め切ります。)
【時間】
1回目 10時45分から(整理券配布 当日9時30分~ 50名まで)
2回目 12時15分から(整理券配布 当日10時45分~ 50名まで)
3回目 13時45分から(整理券配布 当日12時15分~ 50名まで)
4回目 15時15分から(整理券配布 当日13時45分~ 50名まで)
※講演1回の時間は約45分間です。

※講演の合間に、宇宙飛行士の訓練に使う「ホワイトパズル」もお楽しみいただけます。

収れん火災と太陽の関係

【内容】 収れん現象とは?なぜ太陽から火災になるの?非常に珍しい火災ですが、実際に発生する火災について、季節ごとの太陽の運行のこともまじえて解説します。
※移動天文車ベガ号による太陽観察も行います。
【解説】 仙台市天文台、仙台市消防局
【会場】 加藤・小坂ホール(移動天文車ベガ号による太陽観察は、駐車場で行います。)
【時間】 10時45分から15時頃まで(太陽観察ができる時間に合わせて行います。)
※天候によって太陽観察ができない場合があります。

はたらくくるまの展示「消防車と移動天文車ベガ号」

【内容】 消防車(ポンプ車、はしご車)と移動天文車ベガ号の展示
※移動天文車ベガ号は太陽観察も行います。
【会場】 駐車場
【時間】 10時45分から15時頃まで
※天候不良の場合は中止する場合があります。

消防ブース

【内容】 火災予防に関するチラシの配布やグッズのプレゼントを行います。また、JAXAのブルースーツ、防火服等の展示を行います。
【会場】 オープンスペース(エントランス正面)

※グッズは数量限定(非売品)です。配布状況によってご希望に添えない場合がありますのでご了承をお願いします。

イベントが、盛りJAXAん!(こらこら…)

気になる方は、参加をされると良さそうです。

それでは。

仙台のイベント

仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
仙台つーしん

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました