スポンサーリンク

3月16日23:36発生 福島沖地震の翌朝の仙台市中心部の被害状況。

仙台の話題

仙台つーしんのずんだです。

3月16日23:36に発生した福島沖地震の翌朝の仙台市中心部の被害状況を見てきました。

スポンサーリンク

3月16日23:36発生 福島沖地震の翌朝の仙台市中心部の被害状況。

午前6時30分頃の仙台駅は、始発からJRの全線で運転見合わせとなっていましたが、大きな混乱はみられませんでした。

仙台駅前の駐輪場では、地震の影響で精算機が動かなくなっていました。

旧さくら野百貨店の建物では壁が一部剥がれていました。

仙台駅前のビルでは、地震の影響のため、自動扉が使用できなくなっていました。

アーケードを歩いて見ると、ところどころ壁が剥がれており、その破片が地面に散らばっていました。

中には、復旧作業のため開店時間が遅くなることを告げる貼り紙を出しているお店もありました。

広瀬通のディズニーストアでは2階の窓ガラスが大きく割れていました。アーケード周辺では、こちらが外観から伺える一番大きな被害のように見受けられました。

街中周辺を回ってみると、壁面が剥がれているビルもありました。

仙台市中心部では、外から見る限りでは、建物の大きな損壊は見受けられませんでした。ただし、イービーンズは3月17日の臨時休業、エスパル仙台は開店時間を遅らせるとの発表をしており、建物内部にも被害はあるようです。

皆さんも今後の情報にご注意ください。

仙台の話題

仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
仙台つーしん
zunda

仙台つーしんのライターずんだです。仙台出身、仙台在住で、街歩きが好きで新しくオープンするお店や、街の話題を見つけるのが得意です。

毎日3~4記事、月間100以上の記事を投稿しています。ツイッターでも仙台の情報を発信しているので、是非フォローしてください~

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました