スポンサーリンク

仙台市で、2022年7月からリチウムイオン電池等の回収方法が増えるみたい。

仙台の話題

いかがお過ごしですか、nittaです。

仙台市で、2022年7月からスマートフォンや充電式機器の内蔵バッテリーに使われるリチウムイオン電池等の回収方法が増えるみたいです。

具体的には、2022年7月1日以降からリチウムイオン電池等の定日収集を開始するみたい。

詳細は、以下の仙台市のホームページの特設ページをご覧ください。

【令和4年7月1日~】リチウムイオン電池等の定日収集を開始します

従来は、リチウムイオン電池等やそれを内蔵した機器は、以下の充電池等回収ボックスに入れる必要がありました。

ですが2022年7月1日以降はそれに加えて、お近くのゴミ収集所でも、「缶・びん・ペットボトル、廃乾電池類」の週1回の収集日に回収されます。

 

充電のできない一時電池とともに、充電池(ニカド電池、ニッケルイオン電池、リチウムイオン電池)は、①端子をテープ等で絶縁の上、②透明な袋に入れて出すことができるようになるみたい。

なお、スマートフォン★、モバイルバッテリー、加熱式たばこ、電動歯ブラシなど、電池が本体から容易に取り外せないものは、そのままお出しください。(30cmを超えるものは『粗大ごみ』として出してください。)

★個人情報を消去の上お出しください。

今回追加されるゴミ回収の背景には、急速に普及してきたリチウムイオン電池等が、家庭ごみやプラスチックごみ等に混入し、収集運搬や処理の際に発火する事故が全国で発生している現状があります。

現在、仙台市では使用済みリチウムイオン電池等については、家電量販店などの回収協力店へ持ち込みを周知しているのですが、事故の未然防止を図るため、本年7月より定日収集を開始するとのこと。

適切にゴミを分別してできるよう、7月以降は電池類を捨てる際は『ビン缶』になるのが良さそうです。

それでは。

仙台の話題

仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
仙台つーしん

仙台市泉区在住。気になる仙台の話題を取り上げていきます。

仙台つーしんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました